稼ぐビジネスマンの読書法は目的と手段を間違えない

公開日: 

これまで読書の習慣があまりない人が、たとえば「関連書を月に○冊読もう」などの目標を決めて取り組むのは、モチベーションを維持し習慣化するうえで一定の効果はあります。しかし目的と手段を混同しないよう注意が必要です。

元記事:

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑